FC2ブログ


二次エロ宣伝部
R-18二次エロgif動画を中心に更新してます。 怪しいリンクや広告は張らないように心がけていますが、もし問題が見つかったらサイト内のメールフォームなどから報告していただけるとありがたいです。リンクフリー
>> ホーム
>> RSS1.0
他サイト記事ピックアップ

PR

他サイト記事ピックアップ


ページジャンプ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




他サイト記事ピックアップ


二次エロ どこかのファンタジー世界のエロ画像
002_001a.png



048_010b.png

042_009a.png

036_007e.png

032_007a.png

030_006d.png

022_005a.png

019_004c.png

015_003d.png

014_003c.png

009_002c.png

053_011b.png

057_012a.png

065_013d.png

069_014c.png

074_015c.png

078_016b.png

082_017a.png

083_017b.png

085_017d.png

090_018d.png














ここから下は見る必要ありません。
検索に引っかかりやすくするための対策です。
見ると人生の時間を無駄に消費します。



「康夫、・・・康夫・・・。」
 何かに呼ばれたようんじゃきがして康夫は目を覚ました。
 時計を見ると朝6時40分。
「気のせいか・・・。」
 そう呟いて康夫は再び布団に横になった。
 すると、
「康夫・・・、康夫!」
 今度は間違いない、確実に誰かが呼んでいる。
 康夫は布団から出て声のする方へと歩いて行った。
「康夫・・・、康夫ぉ!」
 どうやら声は本棚から聞こえているらしい。
 康夫は一冊の童話を手に取った。
「懐かしいな。」
 この本は康夫が小さな時から持っている本だ。もう何年も読んでいない。
「康夫ぉ・・・、康夫ぉぉん!」 
 どうやら声はこの本野中から聞こえてきているようだ。
 不安と好奇心に駆られながら康夫が本をめくると物語に出てくるお姫様があられもない格好で康夫に呼び掛けてくる。
「康夫ぉぉん、こっちに来てぇ・・。」
 康夫は反射的に右手で康夫の康夫を握った
「はやく来てぇ・・。」
 そう言って物語のお姫様は康夫の方へ手を伸ばしてきた。
 この手をつかめばファンタジーの世界に行くという念願が叶うかもしれない。
 そう思ったとたん康夫の康夫は急速にせり上がり、康夫の康夫のてっぺんの康夫ははちきれんばかりの状態になった。
 その時、
 ジリリリリリ
 目覚ましが鳴った。
 七時だ。
 もう出勤の時間だ。
 康夫はせりあがった状態の康夫の康夫を素早くしまうと本をぱたんと閉じて本棚に戻した。
 本棚の方でなにかもがもが言っているが今はそれどころではない。
 早く仕事に行かなくては。
 康夫は家を後にした。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:エロ画像コレクション - ジャンル:アダルト

二次エロ画像 | コメント:0
[ 2016/07/25(月) 17:45 ]

PR


copyright © 2019 二次エロ宣伝部 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


<?php include_once("analyticstracking.php") ?>